ホーム > 新着ニュース > 【リニア見学センター近況】リニア館2階「超電導コースター」をご紹介いたします。超電導体の持つ不思議な特性の一つ「ピン止め効果」を実際にご覧頂く事ができます。

イベントカレンダー

2020年5月

         

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

           

   赤=開館日(走行試験予定あり)

   青=開館日(走行試験予定なし)

   色なし=開館日(走行試験未定)

   グレー網=休館日(走行試験予定あり)

   グレー=休館日

リニア見学センターは2020年6月2日より運営を再開いたします。

イベントスケジュールはこちら

  • 山梨県立リニア見学センター facebook
  • 山梨県立リニア見学センター Twitter
  • イベント情報
  • 周辺の観光情報
  • キッズ広場
  • 旅行代理店様 学校関係者様へ
  •  

【リニア見学センター近況】リニア館2階「超電導コースター」をご紹介いたします。超電導体の持つ不思議な特性の一つ「ピン止め効果」を実際にご覧頂く事ができます。

更新日:2020年05月29日

どきどきリニア館2階「超電導コースター」ご紹介

超電導体と液体窒素を使用する実験コーナー「超電導コースター」です。
液体窒素によってマイナス196℃まで冷却された超電導体が、ネオジム磁石でできた
コースターの上を浮いたまま、コースから外れずに走行します。
超電導体が持つ不思議な特性の一つ「ピン止め効果」を実際に
ご覧いただける実験となっています。

超電導ラボ05.jpg

超電導ラボ01.jpg

どきどきリニア館2階「ミニリニア」ご紹介

磁力による浮上、走行が体感できる展示「ミニリニア」です。
実際のリニアとは異なり、電磁石と永久磁石を使用しておりますが、
車体は床と接触しておらず、浮いた状態で側壁に設置された磁石の
吸引、反発を利用して走行しています。

ミニリニア04.jpg

ミニリニア10.jpg

どきどきリニア館2階「リニアのしくみ」ご紹介

どきどきリニア館2階に設置された、リニアがどうやって進んだり、浮いたりするのかを
解説するコーナーです。体験装置は自分でハンドルを回したり、ダイヤルを動かしたりすることで
連動してブース内も稼働するようになっており、装置を実際に動かしながらリニアのしくみを
わかりやすく体験できるようになっています。

リニアの仕組み1.jpg

リニアの仕組み2.jpg

センター近隣の名勝「猿橋」のご紹介

リニア見学センターから自動車で15分ほどの場所に架かる名勝「猿橋」です。
深い谷間に架かっているため橋脚を使用せず、川の両岸から「刎ね木」と呼ばれる
支えの木をせり出させることで、橋の重量を支えています。
6月は紫陽花が、10~11月は紅葉が楽しめる季節のスポットでもあります。
コロナ終息後には、ぜひセンターと併せてお楽しみいただければと思います。

猿橋2.jpg

猿橋 紅葉.jpg

展示車両MLX01-2ご紹介

どきどきリニア館1階にて展示しております試験車両MLX01-2です。
山梨実験線で走行した最初の3両のうちの1両で、リニアの歴史解説展示にも
走行開始時の写真が掲載されております。

東京側先頭車として走行しておりましたが、大阪側先頭車である
MLX01-1とは先頭形状が異なっております。
これは空力特性の違いを実験するためで、さらに追加でロングノーズタイプの
MLX01-901が製作され、3種類の先頭形状が実験に使われました。
(※MLX01-901は平成20年に改造を受け、先頭形状を改良したMLX01-901Aとなりました)

_MG_7033.jpg

① 1F リニアMLX01-2.jpg

改良型L0系車両模型ご紹介

どきどきリニア館1階に展示を開始した改良型L0系の20分の1スケール模型です。
実際の改良型L0系走行開始はコロナウイルスの影響により未定と発表されておりますが、
当館には既に展示用模型が搬入されておりますので、写真にてご案内いたします。

従来のL0系と比較すると、鼻筋の立った先頭部、高い位置に移動したライト、
側面のS字を描く青ラインなど、様々な部分が変更されているのがわかりますね。

L0改良型模型(アップ).jpg

L0改良型模型(正面).jpg

L0改良型模型(横アップ).jpg

センター周辺の近況ご案内

センター内の藤の木が薄紫色の花を咲かせており、
周辺の山々も段々と若葉の緑に包まれてきました。

ただいま当センターは臨時休館中ですので、写真にてお伝えいたします。

DSCF1160.JPG

DSCF1133.JPG

DSCF1155.JPG